サービス案内

  1. ホーム>
  2. サービス案内>
  3. 下水道工法

オールライナー工法

あらゆるニーズに応える7つの工法

オールライナー工法は、下水道の先進国であるドイツのカナル・ミュラー社より開発された管きょ更生技術であり、既にドイツ本国のほか、ヨーロッパ各国、アメリカ、オーストラリアに普及しており、1991年に日本に技術導入され、日本の風土等に合わせ、「地球に優しく・早く・誰でも・確実に」を合言葉として、開発を進めてまいりました。品質管理について、材料面では、規格に適合した製品が合理的に出荷されるよう、材料製造メーカーが十分な品質管理体制を整えており、施工面では、独自で、資格制度を設け技術研鑽に努め、品質管理の確保を行っております。

今後ますます増大するであろう老朽管の修繕・改築について、あらゆるニーズにお応えできるオールライナーの7つの工法を安心してご採用くださるようご検討をお願い申し上げます。

管きょの更生工法(スパン全面更生)

オールライナー工法(全面更生)

老朽化した埋設管を、非開削で更生するスパン更生工法です。

オールライナー工法(全面更生)はこちら

 

オールライナーZ工法(高強度全面更生)

高強度の更生材料を用いて、老朽化した理設管を非開削で更生する、高強度スパン更生工法です。

オールライナーZ工法(高強度全面更生)はこちら

 

オールライナーi工法(ロングスパン全面更生)

老朽化した埋設管を、非開削で更生するロングスパン更生工法で、長距離施工が可能です。

オールライナーi工法(ロングスパン全面更生)はこちら

 

管きょの修繕工法

パートライナー工法(部分補修)

損傷や浸入水のある埋設管を、非開削で補修する修繕工法です。

パートライナー工法(部分補修)はこちら

 

パートライナーS工法(支管部一体補修)

本管と取付け管の支管部を、非開削で補修して一体化する修繕工法です。

パートライナーS工法(支管部一体補修)はこちら

 

取付け管の修繕工法

サイドライナー工法(取付け管更生)

老朽化した取付け管を、非開削で補修する修繕工法です。

サイドライナー工法(取付け管更生)はこちら

 

ハウスライナー工法(取付け管接合更生)

老朽化した取付け管と本管接合部を、非開削で補修する修繕工法です。

ハウスライナー工法(取付け管接合更生)はこちら

 

スマートフォン用ページで見る